<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
キッチン家電のエコクリーニング法
 皆さん こんにちは。 

皆さんの暮らしと住まいを快適にするためのちょっと役立つ情報をお届けいたします。

炊飯器や電子レンジ、電気ポットやコーヒーメーカー・・・・。
現代のキッチンには家電製品がいっぱい。便利な一方、毎日使うものだけに汚れやすく、お掃除やお手入れもちょっとおっくうなのでは? 食品のこびりつき汚れや水垢など、「たまった汚れ」は悩みの種ですよね。
皆さんはどうしてるでしょうか。
強力な合成洗剤でゴシゴシ? でもキッチン家電は口にするものを扱う道具なだけに、なるべくならナチュラルな材料や方法で汚れを落としたいもの。 そこで今回は、合成洗剤を使わずに自然の素材を使って汚れをすっきりと落すお手入れ方法をご紹介します。
f0164630_1432792.jpg


f0164630_14324613.jpg
性能にも影響する電子レンジの汚れ
あけるたびに気になる電子レンジの汚れ。でも実は、こうした汚れは見た目だけでなく、性能に影響することもあります。庫内のこびりつき汚れや食べ物くずがレンジのパワーを分散させてしまいパワーダウンの原因になるからです。
そこで、手軽にきれいにするには、電子レンジ庫内のしつこい汚れをふやかして落すのが一番です。たっぷりと水を含ませたフキンを庫内に入れて、2~3分加熱。 この時にフキンから上がる蒸気で汚れをふやかし、浮き上がらせるというわけです。
加熱が終了したらフキンを取出し(やけどに注意!)、固く絞って庫内を拭き清めます。ポイントは、庫内もフキンもなるべく温かい状態で行うこと。冷えてしまってからでは、汚れが再付着してしまいます。

f0164630_14334884.jpg
ポット、コヒーメーカーの汚れには「酢」
キッチンワークで活躍するポットやコヒーメーカー。外側はフキンなどで拭けばキレイになりますが、内部の汚れはどうしてますか? なかなか落としづらい水垢汚れは、酢の力で落すことができます。
ポットの場合は、水を規定のラインまでいっぱい入れ、酢を大さじ1~2杯程度加えて沸かします。沸騰したら1時間ほど放置し、水でよくすすぎます。酢のにおいが気になるようなら、真水をいれてもう一度沸かしましょう。コーヒーメーカーの場合は、水と酢を4対1の割合で入れてスイッチオン。 ワンサイクル終わったら、今度は真水でもうワンサクル回します。これだけでお掃除完了です。


f0164630_143434100.jpg
冷蔵庫内のよごれはアルコールで
しっかりと冷蔵庫掃除をするなら、食品の整理から棚板の丸洗いまでやらなくてはなりませんが、もすこし手軽にお掃除をしたいときには消毒用アルコールを使った拭き掃除がおすすめです。殺菌力に優れている上に揮発性が高いので、さっと拭くだけで汚れが落ち、すぐに乾きます。安全性も高いので、食品を入れたままお掃除ができるところも魅力です。 また、重曹水 (水1カップに重曹大さじ1杯程度) をスプレーして汚れを拭き取ってから水拭きというのもおすすめ。 重曹の消臭作用でニオイまですっきり落せます。


「使うたび掃除」でキレイをキープ
当然のことですが、汚れはためないことが肝心。ご紹介したような方法でたまった汚れをすっきり落したら、今度は毎日の「使うたび掃除」を心がけましょう。
家電製品の汚れは、手あか、ほこり、調理からくる脂汚れなどですが、使うたびにさっと拭くことを習慣づければ大変な汚れになることはほとんどありません。炊飯器やポットなどの外側のプラスチック部分の拭き掃除には、ミクロファイバー製のクリーニングクロスが便利。軽く水にぬらして拭くだけで、ほこりの黒ずみや油膜がすっきり落せます。
[PR]
by mikasahome | 2009-02-21 16:37 | 暮らしのお役たち情報
アロマ教室
 こんにちわ 田原です。

ひさしぶりに今日は、朝から雪が降っています。
なんだか最近のお天気は、寒暖差が、大きくて体がついてゆけません。
こんな時に風邪を引きやすいので、くれぐれも注意して下さいね。


下の写真は、弊社の中庭の写真です。
f0164630_14315273.jpg


 先日15日の日曜日に、弊社の多目的室にて「ハーブ&アロマセラピー 癒しの学校」の講習会が開催されました。
f0164630_11545676.jpg

アロマセラピーってご存知ですか。
わたしもあまりよくは知らなかったので、この度少し勉強をして見ようと思い「癒しの学校」のホームページを開いてみました。

アロマセラピーって何?

アロマは香り(薬理作用のある植物から採取した精油)、セラピーは療法、アロマセラピーは精油を使い分けて 心(Mind)  と   身体(Body) と 魂(Spirit)  とのバランスを健やかに保ち、健康を促す芳香療法です。

例えば、
 ラベンダー:リラックス効果が循環器・消化器・筋肉・精神にバランスを取り戻してくれます。
 ユーカリ:風邪・花粉症の鼻詰まりを緩和、強い殺菌力で様々な感染症に役立つ精油です。

 香りを嗅ぐだけでも電気信号として脳に伝わり、感情や気分や内分泌系などを刺激して、穏やかな幸福感や明るく楽しい気持ちにしてくれます。
吸い込んだり皮膚に塗布すると、体内に精油成分を取り込み、各精油の作用を身体内の必要とする部位に働きかけ、自然治癒力も高めます。
               (「癒しの学校」ホームページより) 


もっと詳しく知りたい・勉強をしたいって思われる方は、「癒しの学校」 のホームページを開いてみてはいかがでしょう。
ホームページアドレスはこちら
URL http//iyashinogakkou.web.fc2.com/
[PR]
by mikasahome | 2009-02-17 11:59 | 日常のたわごと
リベロ☆カフェ 完成間近
 こんにちわ 現場担当の松島です。

 日のたつのは早いもので、もう今日は2月3日節分です。

お正月から、雪の降る日が多く、現場仕事が思うように進まず、来る日も来る日も雪との戦いで少しうんざりしてましたが、ここの所少し暖かくなり、雪も消えて、ホッとしています。(そんな場合じゃないんだけど・・・)



 これからカフェの現場は、外構工事にかかっていきます。
完成まで、残り少ない日数なので急ピッチで仕上げにかかります。

 どうか完成するまで、雪が降らないように!と 祈る気持ちです。

 リベロ☆カフェ の開店 予定は、3月初旬頃の予定です。日時がはっきりしたら、ブログでお知らせします。 楽しみにしていてください。






f0164630_14482266.jpg

[PR]
by mikasahome | 2009-02-03 17:01 | 現場日誌
節分
こんにちは 田原です。

 今日は 節分ですね。
皆さんは、節分の語源・由来 をご存知ですか?
私は、なんとなくはわかっていたつもりだったのですが・・・・・

この度、正確に知りたくなって、インターネットで検索してみました。

節分は、季節の分かれ目の意味で、元々は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」
のそれぞれの前日をさしていた。
節分が特に立春の前日をさすようになった由来は、冬から春になる時期を一年の境とし、現在の大晦日と同じように考えられていたためである。
f0164630_15405183.gif

立春の節分に豆まきの行事は、「追儺(ついな)」と呼び、中国から伝わった風習である。
「追儺」の行事は、俗に「鬼やらい」「なやらい」「鬼走り」「厄払い」「厄おとし」「厄神送り」と呼ばれ、疫病などをもたらす悪い鬼を追い払う儀式で、文武天皇の慶雲3年(706)に宮中で初めて行われた。
一般的に豆まきに使う豆は炒った大豆であるが、豆まき後の掃除が簡単なことや、まいた豆も食べられることから、地方によっては落花生を用いるところもある。
f0164630_1552534.gif

鰯(いわし)の頭を、柊(ひいらくぎ)の小枝に刺して戸口に挿す風習は、近世以降行われるようになったもので、これも魔除けのためである。
また、節分に巻き寿司を食べる風習は、福を巻き込むという意味と、縁を切らないという意味が込められ、恵方(えほう)今年は、東北東に向かって巻き寿司を丸かぶりするようになった。
f0164630_162240.gif

節分に巻き寿司を食べる風習は、主に大阪の船場で行われていたものが、大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行った「巻き寿司のまるかぶり」のPRイベントがマスコミで取り上げられ関西地方に広まり、のちにコンビニ等で販売されるようになり全国へ広まっていった。

                                              (語源由来辞典より)

巻き寿司の丸かぶりは、お寿司屋さんが広めたものだと思ってましたが、そうでなかったんですね。

ちなみに 私の家では、節分のあくる日「立春」に寒の水を取って瓶に入れ 1年間冷暗所に保管しています。これは、「火の用心」のおまじない見たいな事です。今は亡き母がしていたことを今、私が受け継いで毎年 「寒の水」 を取っています。えらいもので、1年たってもお水は腐らないですよ。一度試してみて下さい。
[PR]
by mikasahome | 2009-02-03 16:37 | 日常のたわごと


ミカサホーム ブログ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
「エコ住宅」
日常のたわごと
ひとくち家相
暮らしのお役たち情報
イベント情報
リフォーム速報
現場日誌
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

有限会社 ミカサ建設
〒668-0056 兵庫県豊岡市妙楽寺287番地 TEL.0796-23-1812 / FAX.0796-23-1813
Copyright (C) MIKASA HOME All Rights Reserved.